« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月30日

本日、盛岡とサヨウナラ

きのう引越し荷物の搬出が終わって、盛岡で仕事をするのも今日の15時まで。
今日は盛岡での食い収めということで、昼食に盛楼閣で冷麺を食べてきました。

明日から新環境ということで、不安もありますが頑張ってきます。


照明も取り外し、ガランと真っ暗になった部屋。
IMG_2624.JPG

投稿者 maji : 12:54 | トラックバック

2008年9月24日

あと1週間

盛岡生活も残り1週間となりました。30日の夜にはすでに東京にいるんですね…。
部屋をのんびりと片付けていますが、そろそろ本腰をいれねばならんですね。

昨日は組合関係で仲良くなった人たちとの送別会でした。
寂しくなります…。

投稿者 maji : 14:00 | トラックバック

2008年9月15日

こんな映画にも手を出してみる…裁判員制度PR映画

IMG_2570.JPG

もうすぐ始まる裁判員制度のPR映画を裁判所で借りてきた。「企画・制作:最高裁判所」というクレジットが目を引く。
ちなみに、Web配信もしてるので見ようと思えば今すぐにでも可能。
こちらで。

では、なぜわざわざ借りに行ったのかというと…
裁判所って行ったことないな…そもそも、ふつうに入れるのか?という素朴な疑問がキッカケ。
なので、盛岡地方裁判所に足を運んでみた。
入ってく者は誰もおらず入り口に守衛がひとり構えているのを見て、ふと不安になり(笑)、裏手にまわってみる。
裏口では記者風?の男が煙草をふかしていた。そのまま入ってみたが特に咎められることもなく。
廊下から表玄関にまわってみる。その途中、検事の取調室のようなものがあった。誰もいなかったのもあるが、あの廊下の薄暗さ、静けさは印象に残る。
そのまま表に出たので、あっさりと受付に聞いてみた。
担当課に案内され、大学生に間違われつつもDVDのレンタルに成功。パンフレットまでもらってしまった。
帰りは堂々と正面玄関から出て(笑)、そのまま帰宅しました。

さて、映画のほうですが出演陣は豪華ですよ。順当にストーリーが進むのは物足りなさが残るが、
いざ通知が届いたらどうなるのか?というのはよくわかったような気がします。
そうそう、「評議」の大河内奈々子演じるビッチがかなりひどい。あれは有罪。

投稿者 maji : 21:30 | トラックバック

2008年9月14日

グラインドハウス

そういえば、だいぶ前の話になるけど…こんなものが当選してましたな。何気に嬉しい。

IMG_2569.JPG


投稿者 maji : 23:55 | トラックバック

2008年9月 7日

あと1ヶ月

仕事の話ですが、9月末で東京への異動が決まっています。
盛岡の生活に終止符を打つまで、残り一ヶ月を切りました…。
ようやく生活にも仕事にもノッてきたところなのに切ないです。

私が生き方の参考にしているある先輩の教えに「そういう時に、どれだけの人間が送別会をやってくれるかで、それまでの生き方がわかる」というものがあります。知らない土地だからこそ積極的に人間関係を築く必要があるのです。
「どうせ2年で戻るから…」「盛岡に興味ないし…」などという『腰掛気分』はすぐに見透かされます。そういった考えを持っているならば、どこにいっても同じでしょう。

盛岡で仲よくなった友人・仲間ともお別れの日が近づいてきます…。
たとえ遠くに離れたとしても、今後も連絡をとっていきたい(死の知らせまで連絡したい)友と出会えました。
嬉しいことに、職場だけでなく各方面で送別会を企画してくれています。私は果報者です。


明日は朝から三沢の航空祭に行ってきます。これぞ、その土地ならではのイベントですね。
楽しみ!!

投稿者 maji : 00:15 | トラックバック

2008年9月 5日

あと1年…

29歳の誕生日を粛々と終えようとしているが、大台突入までいよいよあと一年。
早いものですなあ…。


MAJI先生に励ましのお便りを!!(嘘です)

投稿者 maji : 23:40 | トラックバック