« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月21日

「SHINOBI」を見た

つ、つまんねー。…てかこれはひどい。

ご存知、山田風太郎の「甲賀忍法帖」が原作のこの作品。先日テレビ放送していたので、この機会に見ることにした。
あまりの内容に、始まりから終わりまで開いた口が塞がらなかった。

私は原作原理主義者ではないので、大幅なアレンジが加えられていてもあーだこーだと文句をつけることはしない。
ストーリーは全然違っても原作に含まれるメッセージは揺らいでいない、とか、原作を借りて監督の主義主張を押し出す(特に押井守)、
など作品に何かしら芯が通っていればそれで良しとする。(かつ、面白ければ言うことはない)

「SHINOBI」はひどすぎた。"大胆にアレンジ"された脚本がメチャクチャだから。あの原作があってこんな脚本しか書けないのか、と思うと同時にこれをヨシとしたプロデューサーは更に罪深い。
監督はいかにもPV出身ぽい画作りに徹してビジュアル重視。ハマれば悪くなかったと思う。

結論。
「タイトル」「登場人物名」だけを借りたまったくの別作品。
万が一、山田風太郎ファンが間違って見て貴重な時間を無駄にしないよう、詳しく記してここに警告するものとする。
(ただし、終始ツッコミどころ満載なので、友人とそれ目的に見るという使用方法は可)


(以下、ネタバレです)


まず、登場人物とその忍法(画面で確認できたもの)を見てみよう。

■甲賀代表
甲賀弦之介 →常人ならざる動きで敵を一掃する(視界がスローモーションになっている描写アリ)
室賀豹馬  →?
筑摩小四郎 →鎖鎌をあやつる。速射砲のごとく手裏剣を投げる
如月左衛門 →他人の顔をコピーする
陽炎    →毒の息吹
(甲賀弾正)

■伊賀代表
朧     →相手を死に至らしめる「破幻の瞳」
薬師寺天膳 →不死
夜叉丸   →自在に伸び縮みする髪の毛
蓑念鬼   →?
蛍火    →蝶(毒蛾)をあやつる
(お幻)

■大御所側
徳川家康
南光坊天海
柳生宗矩
柳生十兵衛 →!?
服部半蔵

のっけからツッコミどころ満載である。
弾正とお幻を括弧書きにしたのは、メンバーに含まれていないが直接対決をしたため。
代表が10人から5人に変更されているのは尺の都合もあるし、そのぶん一人一人を丁寧に描こうという意図だろうか(が、すぐにその期待は蹴散らされる)。
筑摩小四郎が甲賀方にいるが、そんなに残したいキャラだったのか。
放送コードに引っかかるせいか、異形の忍者がことごとくカットされている(地虫十兵衛、蝋斎、雨陣など)。彼らこそ面白いのに…。

「あらすじ」は以下を参照してもらおう。原作ファンを一瞬のうちに混乱させるストーリーである。
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=36748(キネマ旬報DB/ Walkerplus.com)

以下、ツッコミながら話を追っていくとする。

導入が弱すぎる
 →原作では冒頭から風待将監と夜叉丸が人間離れした戦いを繰り広げ、いかにも映画的である(しかも描写の素晴らしいこと!)。
  映画では"甲賀ロミオと伊賀ジュリエット"の偶然の出会いから始まるが、う~む。

主演二人がとにかく棒読みである。
 →仲間はそういう芸風だから諦めもつくが、オダギリは立ち位置がよくわからずただのキレキャラにも見え、命運もクソも感じさせず残念。

人別帖を隠里に持ち帰っている
 →すぐにお互いの敵が明かされるので、人別帖の取り合いという緊張感は成立しない。というか人別帖自体がもう映画に出てこない。

"得体の知れない存在"であるとして、南光坊天海の陰謀による根絶やし計画
 →この時代になっても、忍の連中は愚直にも主従を重んじるという設定があったような?

徳川軍を隠れ里に導いた黒幕は?
 →薬師寺天膳がひそかに地図を差し出した。
  天膳は己の体質に嫌気がさしている死にたがりキャラ設定で、「忍びは影の存在、滅ぶしかない運命」みたいなことをホザく。ハァ?

隠れ里への攻撃中止命令
 →大砲や火矢でドカドカやる描写もどうかと思うけど、大御所からの攻撃中止命令が即座に伝達される。スゲー。
  駿府からどんだけの距離あると思ってるのよ。Faxか?

そもそも、途中から話の方向が変わってしまってないか?
 →甲賀・伊賀の相容れぬ宿命の中での男女の悲劇を描いていたのではないのか。それが全然伝わってこないんだよなぁ。
   天膳と陽炎の最期のほうが(映画的に見ると)盛り上がってもってかれてるんで、余計に印象に残らない。
   朧が犠牲になって「265年続いた徳川の世をふたつの里は生き抜いたのであった」チャンチャンでいいの!?


ところで、それぞれの忍者の散り様はというと…

■甲賀代表
甲賀弦之介 →「フザケンナ!」と伊賀との戦いを拒否し続けるが、最後は自らの意思で朧に殺される。
室賀豹馬  →蘇った天膳に気がつかずクビをはねられて死亡する。彼がどういう人物なのかさっぱりわからん。
筑摩小四郎 →蛍火を殺され怒りに燃える朧に「破幻の瞳」で見つめられ、落馬して全身から血を噴出して死亡。
如月左衛門 →夜叉丸に化けて朧を狙うが、寸前で懐刀を蛍火に見つかり殺される。何がしたかったの?
陽炎    →不死の天膳にとどめをさされるも、天膳を道連れにする。
(甲賀弾正)→お幻と刺し違えて死亡。

■伊賀代表
朧     →唯一の生き残り。伊賀甲賀を救うため、大御所との取引で己の目を突いて潰す。
薬師寺天膳 →「また死にきれなかったか…」「オレを殺せるか?」などという言葉とともに陽炎の毒を吸って死ぬ。意味不明…。
夜叉丸   →小四郎との戦いの末、鎖鎌の餌食になって死亡。
蓑念鬼   →獣のように登場し、陽炎を見つけると吸い込まれるように口づけをする。毒の息吹にやられて死亡。この間30秒くらい…?
蛍火    →小四郎の手裏剣から朧を身を呈して守り絶命。
(お幻)  →弾正と刺し違えて死亡。


「甲賀忍法帖」の何が面白いかといえば、彼らがギリギリの線での戦いを繰り広げるからである。
それでいて、ちょっとした油断、地の利、偶然などの要素がうまく絡み合って勝敗が決まっていく。
「SHINOBI」はとにかくあっけない。ご覧のように、戦いが戦いとして成立していないのである。
唯一の見せ場は小四郎と夜叉丸の対決ぐらい。それにしたって、力と力のぶつかりあいで、たまたま夜叉丸が敗れたぐらいの話である。
原作にある魅力的な忍法はすべてカットし、アクションシーンの作りやすいものだけ残している。脚本家がサボったとしか思えない。


ヒマだったので(←コラ)、つらつらと文句を垂れ流してみたものの、さすがに疲れてきたので、もうやめます。
まあ、何が言いたいかというと、どうせ原作無視して作るなら、同じくらい面白いの作ってみせてくれよ!
てことです。
(でも、こわいものみたさで見てみるといいYO!)


最後に。
この映画は松竹110周年企画として製作され、「個人向け映画ファンド」で資金調達したことで知られている(その時のチラシ持ってます)。
興行収入は14.1億円。目標額の15億円には届いていない。それだけ稼いだのも俳優の魅力か、と思うものの
「○○周年記念作品とブチあげて作る大作=どうしようもない駄作」
の法則に見事に陥っている作品でもある。

投稿者 maji : 17:14 | トラックバック

2008年11月18日

盛岡もいよいよ雪ですか

盛岡支店の後輩からそのような報告が。たしかに、青森や岩手は今晩から雪予報ですね。
皮膚が東北仕様になっているので、日々の通勤にまだコートは不要。というか、さすがに周りでもまだ着てる人は少ないね。

今年もボードやりたいので岩手まで行きたいけど、ひとりで行くと高くつきます。
それに向こうのスキー場は雪質の良さもさることながら、混んでないのがいい!ぜひ体験してほしい。(安比は行かないけど)
2名以上だと旅行商品を使えるので、相棒を募集します。

投稿者 maji : 16:12 | トラックバック

2008年11月17日

アジアシリーズ決勝

アジアシリーズ決勝
今シーズンのプロ野球もとうとう見納め、ということで行ってきましたアジアシリーズ決勝戦。
野球ファンとして見届けてきました。

序盤は投手戦なのか拙攻戦なのか判断がつかないような展開も、スコアボードに0を並べるにつれて緊張感が高まってくる。
大沼が暴投でピンチをむかえた時は、さすがにもうダメだと思った。
最後は相手の緩慢な守備をついて一塁から一気に長駆ホームイン。西武ライオンズがサヨナラ勝ち!
西武ファンではないけども、胴上げというものを初めて見ただけあって感動した。

振り返ってみれば、守備のミスというあっけない幕切れではあったけども、最後はハラハラドキドキであった。
まさか負けないよなとは思いつつも、台湾の予想以上の粘りに球場全体の空気が緊張していくのがわかる。
アウトをひとつとるごとにホッとしたため息とともに大歓声。
国際試合は盛り上がるねえ。
叩きたいだけのタブロイド紙や、ネット上の一部ではアジアシリーズの存在を全否定されているが、
メジャーに人材流出がとまらず国内で八方塞になりかけてる今だからこそ、アジアに野球という文化の種を蒔き続けてほしい。
来年以降もぜひ開催していただきたい。

そのためにはちゃんと各国でスポンサー集めるなどの仕事しろや>NPB
あと西武ファンてほんと薄情だな、と思うよ。球場ガラガラだもん。(関東に本拠地が無い中日やハムの時に比べて客がだいぶ少ない)
GWや夏休みなんかだと西武ドームでも満員近くなるわけだから、ファンと球団両方の気質を問われても反論できんと思うよ。
西武線で通勤してるけど、アジアシリーズの宣伝まったくしてないぞ!


台湾側を眺めてて面白かったこと。
・応援団が少ないながらも少数精鋭でメチャメチャ盛り上がってて楽しそうだった
・セブンイレブンやクロネコヤマトがスポンサーだった
・オレンジの風船をクルクルまわしてた(巨人のタオル応援を想像してください)
こういった異国の応援風景を見るというのもひとつの楽しみだね。


【アジアシリーズのスコア】
SK 対 西武◇観衆9277人
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2008/ac2008111302.html
西武 対 統一◇観衆8443人
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2008/ac2008111402.html
天津 対 西武◇観衆8478人
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2008/ac2008111501.html
決勝
西武 対 統一◇観衆18370人
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2008/ac2008111601.html

投稿者 maji : 15:34 | トラックバック

2008年11月14日

くるみさんの芝居を見に行った

先週の土曜日に、マイミク・くるみさんの芝居を見に仙川まで行ってきました。
カスタムプロジェクトさんの「受付の女たち’04」。
今回のお芝居のために立ち上げたプロジェクトとのこと。

とある会社の受付嬢たちがストレス溜まって爆発寸前、会社に対して反逆を企み、まわりの社員も巻き込んでのドタバタを繰り広げます。
くるみさんは掃除婦役でした。


以下、ネタバレあり。

↓↓
↓↓
↓↓
まず状況があり、それを説明するために過去に遡る、その過去にも状況があり、更に遡る…最後に1本の線としてつながる、という構造を取り入れた脚本だったのですが、
うまくドタバタを盛り込んで、深刻になることなく最初から最後まで楽しむことができました。
(彼女たちの境遇に思い当たる女性は複雑だったかも!?)

ラストはいよいよ反逆!ということで、ビルのシャッターをおろして出勤してきた社員たちを締め出そうと画策します。
「わぁーやっぱダメできない何言ってんのじゃあアンタがやれ」とドタバタしてるうちに社員がドドドと出社し、反逆は実行されずに大団円をむかえます。
あえて言うならば、最後はシャッターのスイッチを押してほしかった!でもスイッチが壊れていたなどの理由で未遂に終わり大団円…。
実際に行動したことで、その成否はともかく彼女たちの「反逆」は完結したんじゃないかなーと。素人考えですけどね。

くるみさんの舞台を見るのは初めてでした。
一緒に見に行ったほのほさんと、なんてドスがきいた掃除婦なんだ!と盛り上がってみたり、
JINXくんが行き当たりばったりで見に行っても大丈夫かとメールしてきたり…(こちらに聞かれても(汗))
とまあ、充実した一日となりました。また誘ってください!


そうか、東京にいると芝居も各所で見られるんだなあ…とあらためて思います。
旗揚げ公演以来ご無沙汰している演劇部隊チャッターギャング、次回は見に行ってみるかということでメモ。

Chatter Gang 9th.GAMBLE
『屋根の上からアメリカが見える(仮)』
2009年4月2日(木)~5日(日)
池袋・シアターグリーン

投稿者 maji : 11:42 | トラックバック

2008年11月10日

NHK AFF

先週の話になるけど、「NHK アジア・フィルム・フェスティバル」に行ってきました。
最近アジア映画(特に中国)にハマってるものでして。
ハリウッドやヨーロッパ映画とは一味違う、静かで、素朴で、…う~ん上手く説明できないや。

さて、時間になるとNHK衛星映画劇場の渡辺支配人が登場。
個人的にはこれだけでもポイント高し。いやあ、いつもテレビで見てるアノ人が滔々と喋っている。

今回見たのは以下の2本。
パンドラの箱
トルコ映画。
トルコではまだ認知症に対する理解が低いんでしょうか。居間でおしっこしちゃうような人に平気で留守番させたりとか…。
自分の最期は自分で決めるんだ、すべて忘れてしまう前に…。あのラストは考えさせられる。

追憶の切符
「墨攻」のジェイコブ・チャン監督による中国映画。
中国映画の楽しみのひとつに雄大な風景があります。今回は雲南省ということで、ど田舎です。貧しい暮らしです。
スクリーンいっぱいに広がる素朴な風景・人々に心が躍ります。
しかしテーマは重く、子どもに対するその愛情は本当に正しかったのか?という疑問を投げつけてきます。


上映後のお楽しみと言えば、監督たちとの交流。作品について色々と語ってくれます。
「パンドラの箱」の監督。女性だったんですね。
あの姉妹の関係といい、強気な女性像といい、確かに女性視点かも。

サインをする「追憶の切符」ジェイコブ・チャン監督。
(写真準備中)

ヒロインのズオ・シャオチン。新体操をやっていただけあってスラリとした長身。
サインついでに握手もしてくれましたが、折れそうなほど繊細な手でした。
(写真準備中)

しかしどう話しかけていいのか困りますね。『謝謝』とお礼は言ったものの…。感想を伝えられない(・_・;)
しかし今思えば、おとなしく英語で伝えとけば通じたのでは、という気がしないでもない。
(パンフレットの写真準備中)

以下、会場設備に関する愚痴。
おそらくプロジェクターでの上映だと思うのだが、こういうイベントなんだからフィルム上映をしてほしい。
また、会場の椅子のクオリティがお世辞にも良いと言えず、特に背もたれが低いため長時間鑑賞にはつらい。
座席も特に段差の無い構造なので、前に座った人の頭で字幕がほとんど見えなくなる。スクリーンはかなり大きいので、投影位置をもう少し上にずらすなのどの工夫が必要。
音響もまったく期待できず、ホールの端に座ったら片方のスピーカーからしか音が届いてこない。
映画のために作られたホールじゃないんで、致し方ないとは思ってるんですけどね。

来年も必ず行こう。

投稿者 maji : 10:37 | トラックバック

2008年11月 7日

少しずつ肌寒くなり、自分の周りでも風邪をひきかけている人がチラホラ出はじめている。
そんな中、職場で隣りの島に座っているある人の咳がひどい。
そんな状態なのだから、マスクをつけていただきたい。まわりに配慮してほしいなあ。
同じプロジェクトの人間が責任もってアドバイスしてあげればいいのに。共倒れしたら困るでしょうに。
あ、自分がやれと。いやまだこっち来て1ヶ月ですし、その人の名前もよくわかってないものでして…などと、言い訳してます。

投稿者 maji : 14:27 | トラックバック

2008年11月 4日

東京で食べる名古屋のうまいものメモ

1日は映画の日!ということで、よっしーくんとともに日比谷でハシゴしてきました。
そして晩飯は銀座の「矢場とん」でみそかつ食べました。
矢場とんと言えば、愛知の人間ならば知らぬやつはもぐりと言うほど知られたお店。
せっかくなので奮発して限定の「黒豚厚切鉄板とんかつ」を。ジュワジュワやわらかウマー。
二人とも数年ぶりにこの味に再会し、まことに至福の時間でした。

調べてみるとさすが東京、愛知の味覚が至る所で楽しめます。
というわけで自分のためのメモ。

みそカツ
矢場とん(銀座)
味噌煮込み
山本屋総本家(秋葉原、浅草)
あんかけパスタ
パスタデココ(新橋)
手羽先
世界のやまちゃん(新宿、池袋など)
なんでもアリ
ごはち亭(神田)
喫茶
コメダ珈琲(神奈川県に多数)
ラーメン
すがきや(高田馬場)
  → 2006/9/30に閉店とのこと…

他にも何かあるかな?
久々に千寿の「めいふつ天むす」を食べたい…。大須に行かないとだめか?
あとは赤福とか。

名古屋食の食べ歩き、希望者募集中!?

投稿者 maji : 14:33 | トラックバック